埼玉、東京に住む就職・転職活動中のあなたへ > 13年春の採用活動「遅くなる」46%





2012年03月06日

13年春の採用活動「遅くなる」46%

昨日(2012/03/05)の日経WEB版の記事です。


リクルートが5日まとめた「就職白書2012」によると、

12年春卒業予定の学生の採用活動で東日本大震災の

影響が「あった」とした企業は60.2%を占めた。

震災を受け面接時期をずらすなどの対応に動いた

企業が多かったが、採用計画数をほぼ確保できた企業が

大半を占めた。

調査は11年12月から12年1月にかけ実施し、

776社から回答を得た。震災で影響が「あった」とした

企業に実際に影響を受けた採用活動のプロセスを聞くと、

「面接」(62.8%)、「説明会・セミナー」(56%)

などが多かった。


大手企業の面接開始の遅れで内定を辞退する学生も多く、

内定辞退者がいた企業は全体の85.8%を占めた。

それでも12月時点の採用計画数の充足状況は

「計画通り」とした企業が47.4%で最多。

「若干少ない」の31.7%、「若干多い」の12.4%と

合わせ91.5%の企業がほぼ計画通りの採用数だった。


「採用活動の満足度は計画数の充足と相関関係が大きい」

(リクナビ・岡崎仁美編集長)という。

12年卒の入社予定者に「満足」とした企業は

全体の70.2%に上った。

 
足元で進んでいる13年春卒業予定者の採用活動の

日程については、昨年までと比較した場合、46.2%の企業が

時期が「遅くなる」、43.1%が期間が「短くなる」と

回答した。

経団連が倫理憲章を見直し、採用活動の開始を2カ月

遅らせた影響が強く出ており、選考段階に進んでも

企業や業界への理解が浅く、志望動機を明確にできない

学生が増える懸念もある。


一方、1月上旬に実施した学生に対する調査(874人が回答)

では、12年春卒業予定で就職活動をした学生のうち、

昨年12月時点で就職先が決まっていたのは大学生で65.6%、

大学院生で87.3%。入社予定の企業に対する満足度は

大学生で77.8%、大学院生で88.5%に上り、学生側の

満足度も高かった。


複数の企業から内定を得ている学生が多かった一方で

12月時点で進路が未定の大学生も26.9%を占め、

就職活動で学生間の格差が大きく出る傾向も続いている。


面接道場の詳細はこちら


面接先生


ひらめき こちらをクリックしていただくと
  当ブログの認知度が上がります。 
  なにとぞご協力お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

【面接先生のメルマガ】
このブログの総集編!登録はこちら

【関連サイト】
面接のマンツーマン指導「面接・長島道場」

旅行業界 就職・内定虎の巻 


【関連ブログ】
旅行業界完全内定マニュアル2013


【協力サイト】
人気ブログランキング

就職活動ブログランキング


↓ 面接対策は徹底的に個人指導 ! ↓
mensetsudojo_big.jpg


↓ 旅行業界志望者の必須アイテム! ↓
travel_logo_big.jpg
posted by 面接先生 at 09:54 | Comment(0) | 【新着】 就職関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。