埼玉、東京に住む就職・転職活動中のあなたへ > 面接で集団的自衛権についての質問には





2014年07月02日

面接で集団的自衛権についての質問には

こんにちは!

アメブロで書いた内容について、共有しておきます。

ここから ↓

集団的自衛権について就職活動の面接での質疑の対応についてお問い合わせがいくつかありましたので、私なりの見解をお伝えします。

そもそも、集団的自衛権についてどんなことを聞かれるのか。

「集団的自衛権についてどう思いますか」

という質問は、いわゆる個人の政治的思想の問題になるので、面接官が聞くことはタブーです。よってよほど常識のない面接官とか、会社に政治的なにおいのある場合でなければ、まず聞かれないと思います。

ただし最近の時事問題として、客観的にしっているかどうか、ということでは「一般常識の確認」ということで、聞かれたり、または筆記テストの問題ででるかもしれません。


まとめますと、

@ 集団的自衛権に関する考えを聞かれることは(常識のある会社なら)ない

A 一般常識として、名称や客観的内容を聞かれる場合はある

ということになります。



⇒ ブログで書けない(秘)情報はメルマガで!


↑ こちらをクリックしていただくと当ブログの認知度が上がります。なにとぞご協力お願いします。

⇒ 就職活動ブログランキング

面接のマンツーマン指導「面接・長島道場」


posted by 面接先生 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 面接 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。