埼玉、東京に住む就職・転職活動中のあなたへ > 業界研究





2011年06月29日

Q あなたが今から受ける会社の

Q あなたが今から受ける会社の社長の名前は?


面接道場でこのような質問をすると

意外にもちゃんとフルネームで回答出来る人が

少ないのです。


「選考を受ける」

ということは

「その会社にどうしても入社したい」

ということは

「その会社で○○がやりたいから入社したい」

ということは

「その会社は○○な会社だから、やりたい○○が出来る」

・・・

・・・


このように

「なぜその会社に入社したいのか」

を掘り下げていくと、当然のように

その会社の状況を調べるわけです。

そこでその会社のトップである社長(等代表)

の名前やポリシーなどは当然調べるわけですし

会社側も

「それくらい知っていて当然だろう」

と考えます。


よって受ける会社の社長の名前をこたえられないのは

言語道断、絶対ありえないはずなのです。


もしこたえられないようなら、就職活動の

進め方自体に問題があるのかもしれません。

一度、基本からはじめることをおすすめします。


面接道場の詳細はこちら



面接先生



ひらめき こちらをクリックしていただくと
  当ブログの認知度が上がります。 
  なにとぞご協力お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

【面接先生のメルマガ】
このブログの総集編!登録はこちら

【関連サイト】
面接のマンツーマン指導「面接・長島道場」

旅行業界 就職・内定虎の巻 

「中高年の就職活動 完全攻略マニュアル」

【関連ブログ】
旅行業界完全内定マニュアル2012

「中高年の就職活動を徹底攻略するブログ」

【協力サイト】
人気ブログランキング

就職活動ブログランキング


↓ 面接対策は徹底的に個人指導 ! ↓
mensetsudojo_big.jpg

↓ 中高年の就職活動はこれでOK! ↓
60b.jpg

↓ 旅行業界志望者の必須アイテム! ↓
travel_logo_big.jpg



posted by 面接先生 at 14:18 | Comment(0) | 業界研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月05日

内定取り消し331名 C

こんばんは。


さて昨日の続きです。

昨日は「でも」で終わっちゃいましたね!


学生さんにとって

「業績」

なんてあんまりピンとこないですよね?


ピンとくる方は優秀!!


私が就職活動を始めたころは

ピンとなんてきませんでしたよ!


で、これから就職活動をする方、している方は

自分の受ける会社だけでも

自分の会社が将来どうなっていくのか

調べてみてください。


その会社のホームページの

「会社概要」

とか

「株主様へ」

といったところを抑えるとよいかと思います。


そして、自分がその会社の社長になったつもりで

この会社は今後どうなっていくか、

そうしたら良くなるか、

良くなる術はあるのか、、、

などと、想像してみてください。


そこでその会社と自分自身が

成長する姿がイメージ出来れば、本当にそうなる

可能性は「大」でしょうね。


でもそうでない場合はそれこそ

「内定取り消し」

の可能性「大」かもしれませんね。


そうならないためにも

「業界研究」って重要なんです。


面接先生は今後

「じゃあ業界研究てどうやったらいいの」

という点にも詳しく説明していきますね。


で、まだ準備中なので、もうしばらくお待ちを!


以上、「内定取り消し331名」のお話でした。



面接先生




posted by 面接先生 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月04日

内定取り消し331名 B

こんばんは。


内定取り消しの件で、

昨日はこれから就職活動を始める方、または活動中の方へ

アドバイスをするところで終わりました。


さて、今回の

「内定取り消し」

の件、じゃあ事前に防ぐ方法はないかというと、

そこでポイントとなるのが

「業界研究」

ですね。

就職活動を始めると、どうしても

メディア等で露出している部分だけで判断しがちで、

業界研究も、その会社の新商品とか、どんなCMやってるとか

そういうことを知ってる、ということが

イコール業界研究になっている方がいます。


間違ってません。


でも、それ以上に見るべきところがあるわけです。


たとえば、株式上場している会社だったら

「会社四季報」

またはそれに似た情報誌に

過去の業績、だけでなく

今後の業績予想も出ています。

(会社のホームページにも出ていますね)

この部分を見るだけでも

「この会社の将来性があるのか」

「もうすぐつぶれそうか(!?)」

がなんとなくわかります。


コレって重要だと思いませんか?

でも

(続きは明日)



面接先生




posted by 面接先生 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月03日

内定取り消し331名 A

こんばんは。


さっそく昨日の続きです。


ところで内定を取り消された方ですが、

今でもその会社で働きたいんですかね。

この不景気で、半年前の内定を取り消すような会社

ということは、よほど採用計画、もっと広くいえば

会社の事業計画がしっかり立てられていなかったわけでしょ?

そのような会社に就職したところで

今後その方が活躍できるフィールドは

その会社にあるのでしょうか?

はたして将来性はあるのでしょうか?


それがないからこその

「内定取り消し」

なんでしょうね。


逆に入社してから

「解雇」

になるよりは、今の段階で取り消された方が

まだチャンスはありますよね。



私としては、取り消された学生の方々は

あらためて活動を前向きに頑張ってほしいと思います。

能力がないから就職できない、というわけではないですから

自信をもって臨んでほしいです。


そして、これから就職活動をはじめる方、

または就職活動中の方にアドバイスです。

(続きは明日)


面接先生




posted by 面接先生 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月02日

内定取り消し331名 @

こんばんは。


新卒採用の件で

「内定取り消し、11月25日現在で331名」

という記事、

最近ニュースで話題になってますね。

この記事、就職活動中の皆さんは

どうお考えですかね?



たしかにひどい話ですよね。

景気低迷とはいえ、1年以上

就職活動して、ようやく働く機会を

与えられたというのに、

その会社から裏切られるかたちですからね。



この「内定取り消し」は、

会社が破綻している場合はともかくとして、

「状況の悪化」

だけでは、違法になる可能性があり、

損害賠償の問題に発展する場合があるんですね。

まさに会社側、採用予定者ともに泥沼状態です。



さて、ではこのような状況を防ぐ方法はないのでしょうか。


(続きは明日)



面接先生




posted by 面接先生 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業界研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。