埼玉、東京に住む就職・転職活動中のあなたへ > 適性テスト





2011年03月07日

筆記テストを甘く見るな!

特に新卒の方は面接本番が近いせいか、面接対策として

「面接道場」

を受けにくる方が多いのですが、

せっかく面接対策をバッチリやっても

筆記試験で落ちてしまう方が結構いらっしゃいます。


筆記試験で落ちることなんてあるのか


なんて思っている方が意外にも多いようなのですが

筆記試験は足きりとして使っている企業は

結構あります。(特に受験者数が多い企業)


筆記試験で落ちるということは、相手に

自分の気持ちを全く伝えずに終わってしまうことになります。


自己分析など面接対策も大切ですが、面接にたどり着くまでに

終わることのないよう、筆記対策はしっかり行ってくださいね。



面接先生



ひらめき こちらをクリックしていただくと
  当ブログの認知度が上がります。 
  なにとぞご協力お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ

【面接先生のメルマガ】
このブログの総集編!登録はこちら

【関連サイト】
面接のマンツーマン指導「面接・長島道場」

旅行業界 就職・内定虎の巻 

「中高年の就職活動 完全攻略マニュアル」

【関連ブログ】
旅行業界完全内定マニュアル2012

「中高年の就職活動を徹底攻略するブログ」

【協力サイト】
人気ブログランキング

就職活動ブログランキング


↓ 面接対策は徹底的に個人指導 ! ↓
mensetsudojo_big.jpg

↓ 中高年の就職活動はこれでOK! ↓
60b.jpg

↓ 旅行業界志望者の必須アイテム! ↓
travel_logo_big.jpg



posted by 面接先生 at 13:02 | Comment(0) | 適性テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月12日

適性テストで落ちる人 G

最後に。


以前にも言いましたが適性テストは

採用で重要な役割をする以外にも

入社後も保管され、その企業の社員と

なった後も、評価のなんらかの基準として

使用される場合があります。


なので、就職活動中軽視されがちな適正テストですが

真剣に取り組んでください。


まだまだ就職活動中の方もいらっしゃるかと思いますが

最後まで頑張ってください!



面接先生


ひらめき こちらをクリックしていただくと
  当ブログの認知度が上がります。 
  なにとぞご協力お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ


【関連サイト】
就職・転職の個人相談は 面接先生の「解決!就職相談室」

旅行業界完全内定マニュアル2010

【お勧めサイト】

人気ブログランキング

就職活動ブログランキング

posted by 面接先生 at 17:00 | Comment(0) | 適性テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月11日

適性テストで落ちる人 F

さて、

「偽りをこたえる」

ことにも

「適当にこたえる」

ことにもいえますが、


就職活動の大前提として

しっかりとした自己分析をする

ということがいえます。


しっかり自己分析をすることで

就職活動すべてにおいて

一貫して等身大で疑う余地のないあなた自身を

表現することができます。


そう考えると就職活動も怖くないですね。

ですので、

適性テスト対策 = 自己分析

と考えて、しっかり取り組んでくださいね!



面接先生


ひらめき こちらをクリックしていただくと
  当ブログの認知度が上がります。 
  なにとぞご協力お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ


【関連サイト】
就職・転職の個人相談は 面接先生の「解決!就職相談室」

旅行業界完全内定マニュアル2010

【お勧めサイト】

人気ブログランキング

就職活動ブログランキング

posted by 面接先生 at 17:00 | Comment(0) | 適性テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月10日

適性テストで落ちる人 E

もう一点、

適性テストをあまり重要視せず

適当にやっていても通る、と思って

本当に適当に解いている人も

不合格になる人が多いです。



適性テストは面接同様

「人」

を見るものです。


なので、適性テストを通して

その人の人間性が浮き出てきます。


が、これを適当にやっていると

正しい「あなた自身」がデータとして表れなくなり

面接でのあなたとデータ上のあなたとのギャップが

生じます。そうなると面接の際、面接官の対応も

通常の人よりもかなり突っ込んで聞いてくることに

なるので、かなりきつくなります。


適性テストを行う際は、しっかり自己分析を行い

自分自身をしっかり理解してからのぞんでください。


面接先生


ひらめき こちらをクリックしていただくと
  当ブログの認知度が上がります。 
  なにとぞご協力お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ


【関連サイト】
就職・転職の個人相談は 面接先生の「解決!就職相談室」

旅行業界完全内定マニュアル2010

【お勧めサイト】

人気ブログランキング

就職活動ブログランキング

posted by 面接先生 at 17:00 | Comment(0) | 適性テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月09日

適性テストで落ちる人 D

さて、

「適性テストで落ちる人」

を別の視点から考えてみます。


まずは

偽り

です。


適性テストになると自分を良く見せようとして

本当は考えてもいないようなことを

こたえてしまう方がいらっしゃいます。


気持ちはわかりますが、このテストは

採用という、将来何億円もの給料を支払う

大切な人材が、どんな人材で、本当に

その企業で頑張れるかを判断するための

作業の一つなんです。


なので企業も採用に対しては真剣に

取り組みます。


ちょっとでも嘘をついたら

すぐばれます。


なので、適正テストの結果は

面接の時、さらには入社後の研修でも


常に照らし合わせて確認されます。


なので適性テストで背伸びをして嘘を

こたえることは、あなた自身のためにも

なりませんし、第一人事のプロは

すぐに見抜きますので採用の過程で

不合格になります。


くれぐれも嘘をこたえることのないよう

注意してください。



面接先生


ひらめき こちらをクリックしていただくと
  当ブログの認知度が上がります。 
  なにとぞご協力お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ


【関連サイト】
就職・転職の個人相談は 面接先生の「解決!就職相談室」

旅行業界完全内定マニュアル2010

【お勧めサイト】

人気ブログランキング

就職活動ブログランキング

posted by 面接先生 at 16:00 | Comment(0) | 適性テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月08日

適性テストで落ちる人 C



企業=組織

と考えると、組織になじまない人も

適性テストで落ちる可能性が高いです。


特に独立開業を狙っている人や

ある特化した仕事を専門的に、一匹狼で

やっていきたい人ですね。



このような方は実力がある方が多いのですが

どうしても「組織」で多くの人と

「一緒に」やっていく、すなわち


協調性


の面から考えると難しい場合が多いです。



そのような場合、ベンチャー系の企業や

高い専門技術を求めている企業では

逆に高い評価を得られやすいので

その点も考えて就職活動を進めてみるといいです。



面接先生


ひらめき こちらをクリックしていただくと
  当ブログの認知度が上がります。 
  なにとぞご協力お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ


【関連サイト】
就職・転職の個人相談は 面接先生の「解決!就職相談室」

旅行業界完全内定マニュアル2010

【お勧めサイト】

人気ブログランキング

就職活動ブログランキング

posted by 面接先生 at 18:00 | Comment(0) | 適性テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月05日

適性テストで落ちる人 B

ですのでその場合は不合格でも

実力が否定されているわけではないので

しょうがないのですが、

もしその企業が第一志望で

どうしても入社したい場合は、

しっかり企業研究をして、さらに

OBOG訪問等で直接社員から話を聞き

その企業に合う、または必要とされる人物に

近づける努力をしなければなりません。


面接先生


ひらめき こちらをクリックしていただくと
  当ブログの認知度が上がります。 
  なにとぞご協力お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ


【関連サイト】
就職・転職の個人相談は 面接先生の「解決!就職相談室」

旅行業界完全内定マニュアル2010

【お勧めサイト】

人気ブログランキング

就職活動ブログランキング

posted by 面接先生 at 18:00 | Comment(1) | 適性テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月04日

適性テストで落ちる人 A

さて、まずこの適正テストの意味ですが

企業が採用としておこなう意味では

足切り

の意味合いが強いのですが、


それ以外に

【その人が企業風土に合っているか】

を確認するものでもあります。


企業にはそれぞれ風土(社風)があり

それに対してどんな人物を加えれば

より会社にメリットがあるかということを

事業計画や採用計画等で練り、

それにあった人物を採用します。


なのでどんなに「優秀」と言われている人でも

さらには他の企業でたくさん内定を取っている人でも

その企業の風土に合わなければ不合格になります。



面接先生


ひらめき こちらをクリックしていただくと
  当ブログの認知度が上がります。 
  なにとぞご協力お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ


【関連サイト】
就職・転職の個人相談は 面接先生の「解決!就職相談室」

旅行業界完全内定マニュアル2010

【お勧めサイト】

人気ブログランキング

就職活動ブログランキング

posted by 面接先生 at 16:00 | Comment(0) | 適性テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月03日

適性テストで落ちる人 @

こんにちは。

今回から数回に分けて

「適性テストで落ちる人」

というテーマでお話します。


就職活動というと思い浮かぶのが

面接

で、就活の対策のほとんどを

面接対策に費やしている方が多いと思います。



しかし、特に今年のような就職氷河期になると

面接の前に行われる足きり用の筆記テストで

不合格になる方が増加します。


なので、その中でも特に基準が分かりにくい

適性テスト

に関して、ここで不合格になる人には

どんな共通点があるのかを検証していきたいと

思います。




面接先生


ひらめき こちらをクリックしていただくと
  当ブログの認知度が上がります。 
  なにとぞご協力お願いします。
にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ


【関連サイト】
就職・転職の個人相談は 面接先生の「解決!就職相談室」

旅行業界完全内定マニュアル2010

【お勧めサイト】

人気ブログランキング

就職活動ブログランキング

posted by 面接先生 at 17:00 | Comment(0) | 適性テスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。